【画像付きで迷わない】オリンピックスタジアムへのアクセス・道順

2020年の東京オリンピックのために用意された、オリンピックスタジアム。1964年の東京オリンピックの際に利用された国立競技場が生まれ変わったスタジアムで旧国立競技場と表記されることもあるようです。

オリンピックスタジアム(旧国立競技場)の最寄り駅

オリンピックスタジアム(旧国立競技場)は、駅からも近く向かいやすいです。しかし、近くに東京体育館があったりと、似た様な場所もあるので間違えないように向かいたいところです。

最寄り駅 路線 徒歩
千駄ヶ谷駅 JR総武線 徒歩5分
信濃町駅 JR総武線 徒歩5分
国立競技場駅 都営大江戸線 徒歩1分
外苑前駅 東京メトロ銀座線 徒歩15分
青山一丁目駅 東京メトロ半蔵門線

都営大江戸線

徒歩15分
北参道駅 東京メトロ副都心線 徒歩15分

オリンピックスタジアム(旧国立競技場)への道順・アクセス

千駄ヶ谷駅からオリンピックスタジアム(旧国立競技場)

JR総武線の千駄ヶ谷駅は出口がひとつ。出口を出て左へ向かいます。

出口の目の前に看板もあるので、安心です。

出口を出たら、すぐの信号を渡ります。交番があるのが目印になりますね。信号を渡って、右へ。さらに進行方向を目指します。

右手側にあるのは、東京体育館です。道なりに進みます。

東京体育館の先に、オリンピックスタジアムが見えてきます。外苑橋という名前のついた橋を、そのまま直進です。

橋の先の信号のところは、もうオリンピックスタジアムです。千駄ヶ谷口の入り口は、信号を渡った先の右手側にあります。

信号を渡ってすぐ右手側に、オリンピックスタジアムの千駄ヶ谷口に到着です。

国立競技場駅からオリンピックスタジアム(旧国立競技場)

都営大江戸線の国立競技場駅のA2出口が、オリンピックスタジアムに1番近い出口です。もう隣がオリンピックスタジアムです。出口を出て右に向かいましょう。

すぐに千駄ヶ谷口という入り口に到着です。

オリンピックスタジアム(旧国立競技場)の地図

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする